【国際】科学者の9割が「神を信じている」…国連調査 アインシュタイン、マックス・プランクなど著名科学者はなぜ神を信じるのか★6


 
http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477062282/ 
 
1 名前:経理の智子 ★[ageteoff] 投稿日:2016/10/22(土) 00:04:42.84 ID:CAP_USER9.net 
  国連がある面白い統計を発表しました。現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。  
   
  300人の内、神を信じないと示した人は僅か20人でした。一方、神を信じると明確に示した人は242人で、世界的に著名なニュートン、エジソン、X線を発見したヴィルヘルム・レントゲン、電池を発明したアレッサンドロ・ボルタ、アンドレ・マリ・アンペール(電流のSI単位のアンペアはアンペールの名にちなんでいる)、ゲオルク・オーム(電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係を定義付けた)、キュリー夫人、アインシュタイン等々がその中に名を連ねています。  
   
  また、20世紀におけるイギリス、アメリカ、フランスの科学者の中で9割以上が神を信じることも明らかになっています。ここで、6人の現代の著名な科学者をご紹介しましょう。  
   
  *ハーバード大学神経科学者、アイベン・アレクサンダー(Eben Alexander)博士  
   
  アレクサンダー博士は個人のブログで自らの観点を述べています。「我々が宗教と科学の教条に束縛されなくなった時、人類は初めて認識において突破できる。何故なら、これらの教条は我々に対して、精神領域が真の物質的存在であることを理解する能力を拘束しているからだ」  
   
  博士は30年近く神経外科医として務めており、ハーバード医学院にも勤務していました。瀕死体験(NDE)は大脳が圧迫を受けたために生じた幻想だと主張していました。しかし、自ら体験したことで懐疑論者から有神論者に転じました。  
   
  博士は実際、瀕死状態から生き返ったことを体験しており、医療における奇跡とされました。ニューヨーク・タイムズが2012年に出版した彼の著書「天国の証明(Proof of Heaven)」の中で、深刻な昏睡状態になった自分が未来の世界に行ったことを書いています。博士は来世の存在に対して以前と違って、否定的ではなくなりました。  
   
  著書の紹介に、「このことは誰の身に起きても尋常ではないことだが、アレクサンダー博士の身に起きたことは革命的なことである。科学者であろうが信仰を持つ者であろうが、このことを無視することはできないのだ」と記されています。(中略)  
   
  *アインシュタイン(Albert Einstein)  
   
  アインシュタインの著作「相対論:狭義と広義相対論(Relativity: The Special and General Theory)の中で、彼は次のことを述べています。  
   
  「我々はまさにたくさんの多言語書籍を詰め込まれた図書館に入った子どものようだ。たくさんの本を書いた人がいると子どもたちは知っているが、どのように書かれたかは知らない。何故なら、これらの本に書かれた言葉を知らないからだ」  
   
  「しかし、子どもたちはこれらの本に何か神秘のベールに包まれたルールがあると感じている、ただ実際は何であるかはわからない。私からしてみれば、仮に最も賢い人類でも神に対する理解はこの程度しかないのだ。我々が目にした宇宙は人類が驚嘆するほど秩序良く組織されており、一定の法則に沿っていると知りながらも、ぼやけていて、はっきりとした理解ではないのだ」  
   
  アインシュタインが1927年のある晩餐会で、ドイツ人評論家で無神論者のアルフレド・カール(Alfred Kerr) に対して、「我々が持っている限られた手段で自然の奥深い神秘に潜入しようと試みれば、背後には微妙で無形な、表現し難い明らかな関連が存在していることに気づくのだ。物事を理解できるということを超越した力への畏敬の念こそが私の宗教だ。この意味において、私は実に宗教信仰があるのだ」と答えました。  
   
  H・Gケスラー(H・G・Kessler)が1971年に発表した「大都会日記(The Diary of a Cosmopolitan)」より抜粋しました。  
   
  *量子力学創始者の1人、ノーベル物理学賞受賞者マックス・プランク(Max Planck)  
   
  マックス・プランクの著作「科学は何処へ行く?(Where Is Science Going?)」の中で、「科学は大自然の究極な神秘を解釈できない。なぜならば、最終的に、我々も自然の一部分であり、我々自身が解決しようとする神秘の一部分であるからだ」と述べています。  
   
  「すべての物質はある種の力の影響下にのみ創造と存在ができる。この力は一つの原子粒子を振動させ、最も微小な「原子太陽系」を支えている。この力の背後には意識を持つ、知恵の心が存在することを仮設しなければならない。この心こそが全ての物質の母体であるのだ」  
   
  (以下省略)  
   
  http://www.epochtimes.jp/2016/10/26258.html  
   
  ★1の立った日時:2016/10/20(木) 11:44:31.46  
  前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477003659/  
 
 

 
16 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:15:43.20 ID:zBbVgjMZ0.net 
  1スレで「つきつめると必然だからそれは何かの意志」というのがあったが  
  すでに存在するものが必然なのは当たり前じゃん  
  そこで「何かの意志による」という考えに飛ぶ理由が理解できん  
 
32 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 00:27:53.90 ID:fk99Pyax0.net 
  >>16  
  機械論的に見たって「何かの意志による最初のひとつき」が無ければ、  
  宇宙は始まらんだろ。何かがこうしようと思ったので無ければ。  
   
  まあほんとはそんな科学盲目狂信者の説得材料に使った上の  
  説明なんかじゃ無く、理性・自然法則と意志・倫理法則は当然  
  1つの原理から導き出されているはずという姿勢からなんだが。  
  なぜって神は人間にしか現れないし、人間以外に現れようが無いからな。  
 
55 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:44:35.78 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>32  
  もしそういうきっかけがあったとしたらそれこそ究極の物理法則なんじゃないかと思うがな  
  それを「人間みたいななにか」にさせようとするのは  
  神という存在を生み出した人間の脳独特の現象なんじゃないの?  
  まあ神を信じる人に「神は人間の脳がつくりだした」と説明したところで、冒涜と言われるんだろうけどね  
 
67 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 00:58:24.94 ID:fk99Pyax0.net 
  >>55  
  聖書は比喩だとでも空想でも嘘だとでも、なんでも  
  考えていいんだよ。旧約の創世記やキリストの奇蹟は  
  重要では無い。ほかの宗教でもね。  
  神話と信仰は別だ。人は歴史の中に生きているんだから。  
   
  キリスト教ならばその核心は「神はいます。そしてあらゆる人を  
  分け隔て無く愛すれば、天国に連れて行ってくださいます」が  
  それだ。  
 
24 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:23:38.14 ID:NYL3ROiJ0.net 
  精神的には土人の国日本にやってきた宣教師はこんな感じだったと思うよ。  
     
  The Mission - Gabriel's Oboe (Full HD)  
   
 
25 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:25:36.47 ID:MCV3OuFw0.net 
  神を信じてるやつの下賤な行為をいっぱい見てきた日本人には無用な議論だからな。  
  海外ドジンどもはキリスト君の手下とイスラムの連中で●しあってればいいだろ。  
 
38 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:31:25.58 ID:P+daJA8p0.net 
  >>25  
  日本は1神教ではないが無神論者でもないよ  
  コミュニストだな  
  無神論者は  
 
45 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:34:21.58 ID:AY9nWkZw0.net 
  >>38  
  なになに?神道がある! って?  
  大半が無神論に近しい状態で日々を送ってるのに  
  それはねーよw  
  イベントのための存在を、屁理屈で神を信じてる! とか宣うなw  
 
44 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:34:10.86 ID:FiOwO5HV0.net 
  科学的に神の存在が解明されたとなれば、  
  神いる派はどっと増えるで  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
 
58 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:47:36.47 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>44  
  科学的に神の存在が証明されたとしたら  
  それは物理法則であり方程式であって神じゃないと思う  
 
60 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:50:43.19 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>58  
  物理じゃないよ生物だよ  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
  ふつーにDNAの面からヒト科の一種として説明できる  
 
63 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:52:41.29 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>60  
  生物の活動って物理法則の組み合わせでしょ?  
 
64 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:54:15.07 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>63  
  そんな意味不明な解体する前に神はいたと認めろー  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
 
66 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:57:52.80 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>64  
  どうしても見せたいみたいだから見てみたが意味不明  
 
73 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:01:44.37 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>66  
  これで分からないなら  
  基本的な科学センス、またはごく基本的な聖書の知識が欠けてますよ  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
 
46 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:36:58.37 ID:e3IZARMo0.net 
  西洋と日本では、神の概念が全然違うからな。  
  日本は八百万の神だから。  
 
48 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:39:09.03 ID:NYL3ROiJ0.net 
  >>46 これを貼れと?ということか。  
  一神教の一神と、多神教の多神を並べて、一より多(た)の方が多いからいいに決まっている  
  だとか、一より多の方が寛容である、包括しているというのは誤りですよ。  
   
  ◎世界標準(キリスト教)の神の概念  
     
  クリスマス               初日の出  
  ↓                   ↓  
  神>>宇宙・空間・時間・次元>天照大神(太陽)>八百万の神々(多霊)>怨霊・精霊・妖精  
  ↑                          ↑  
  世界のカトリック(一神教)          島国・村社会の神道(多「霊」教)  
  切支丹(信仰・希望・愛)           田吾作(陰険・不寛容・閉鎖的・隠蔽体質)  
  自浄力・反省がある。             自浄力が弱い。愚の和で暴走。虐めの増長。  
  内側からの浄化。霊魂の救い。         大幣(おおぬさ)で表面を清める。現世御利益。  
  人間に働きかける生きた神           人間に働きかけることのない死んだ神々  
  人間を善い方向へ               人間の足を引っぱる。数々の奇習・悪習。  
  お上の上に神を置く。             八百万の神々よりお上を優先。奴隷化に好都合。  
  キリスト教が「戦後の日本」をつくった     八百万の愚の花咲く「戦前の日本」  
  明るい                    暗い   
  老人(人間)の尊重 老人の顔が明るい     老人蔑視 姥捨て山 老人の顔が暗い  
  神の細胞のひとつがイエズス様。        八百万の神々はイザナミの糞尿から。  
  (G7)仏 米 英 独 伊 加        日本(G7自殺率1位)若者自殺率世界1位  
     
 
57 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:45:57.14 ID:e3IZARMo0.net 
  たとえば、自分は無宗教だという日本人でも、縁起が悪いことはさけるわけで、  
  なぜ避けるのかといえば、そこに得体の知れないパワーがあると無意識に信じてるからであってね。  
  本物の無神論者なら、お地蔵さんの頭を勝ち割って、サッカーができるはずなんだよ。  
  ただの石コロなんだから。  
 
69 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 00:59:08.68 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>57  
  そもそも石でサッカーできないので  
  その例えは「踏み絵」の例としてイマイチだと思う  
 
74 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 01:02:13.31 ID:OsLOLP4u0.net 
  日本人にとって宗教心ッてなんだろう?  
   
  「あなたは神を信じますか?」と聞けばほとんどの人は「いいえ」もしくは「わからない」と答えるだろう。  
   
  しかし、「あなたはお地蔵様を蹴ることが出来ますか?」と聞けばやはりほとんどの人は「いいえ」と答えると思う  
 
76 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:03:22.62 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>74  
  日本人は不二家の前のペコちゃんだって蹴らないよ  
 
85 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 01:17:51.27 ID:KOt1r/sk0.net 
  科学はつまるところ自然現象の解析と模倣であって深く調べれば調べるほど  
  「上手く出来てる」ことに気付いてそこに何らかの意思を感じるんだろうな。  
 
89 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:23:46.10 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>85  
  そこに存在するんだからうまく出来てて当たり前だろ、と俺は思う  
  うまく出来てなかったら存在してなくね?  
  それを「誰かがうまく作った」といいはじめると神やらになるんだろうが  
 
94 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:27:28.39 ID:eqmr8MVc0.net 
  信じてないって言ったら叩かれるような同調圧力の中で聞いてるだけ  
 
99 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:33:34.18 ID:UMCp6juU0.net 
  >>94  
  何かもうその解釈が無神論者の信仰のようになってるなw  
 
96 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:31:19.89 ID:UMCp6juU0.net 
  そんなに変かな  
  神を信じるなんて馬鹿か精神障害なのに  
  賢者の象徴みたいな科学者が本気で信じる筈がない  
  ・・・とかいう理屈なのかな  
  本気で信じても全然問題無いんだが  
 
102 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:38:18.48 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>96  
  問題ないと思うよ  
  本人の自由だしな  
  無神論も神の奇跡も他人に強要するものではないが  
   
  いまだ解明されていない現象を科学的に説明する努力と  
  日々の生活で宗教観に根ざした倫理や道徳を守るのは別ものだと思う  
  ただおれはそういう精神活動も物理法則に準じた現象だと思ってる  
 
104 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:40:47.24 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>102  
  精神的だの物理的だのスカしてないで  
  まず神が一個体の生身の生物だったことを理解してちょーよ  
 
105 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:45:37.39 ID:zBbVgjMZ0.net 
  >>104  
  だとしたら神は方程式で表し得る物理現象だよ  
   
  まあたぶん君と僕は永久に平行線だろうな  
 
108 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 01:48:14.42 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>105  
  ハァ?  
  生命体は方程式なんかでは表せません、  
  生命体の設計図はDNAにこめられてるんですよ  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
   
  自分がバカなのが分かってるなら去れば?  
 
112 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 02:06:23.15 ID:TrJATz/H0.net 
  CELNの科学者は、シヴァ神を信仰してるって本当なの?  
  21:40くらいから  
  こんなの本当に信じてるんだろか  
 
123 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 02:47:25.17 ID:NUfee3Wa0.net 
  ここでニヒリズム浸ってる奴もうんこ漏れそうになったら  
  すぐに神に祈る  
  逆に漏らして平気だったらそれはもう池沼  
 
141 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 04:48:08.24 ID:gZYy7Xms0.net 
  神様はいるけど人間なんか助けないし悪人を懲らしめたりもしないってのが歴代の偉人の考え方  
 
143 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 04:53:21.76 ID:EZiildT20.net 
  科学っていっても、人間の知的活動は人工知能として実現しつつあっても、  
  「痛い」とか「苦しい」といった「意識」が存在する理由がまったく説明できてないからな  
   
  ここが科学が到達しえていない本丸だろ  
 
146 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 04:59:20.75 ID:ooHphfl10.net 
  >>143  
  それ神と関係あんの?  
  未知の物と宗教とは関係ない  
  この辺を明確に分けないからバカにされて利用される  
 
148 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:08:13.38 ID:EZiildT20.net 
  >>146  
  でも「神なんていない。あるのは自然法則だ。」なんて言って神をないがしろにする人たちも  
  「生命なんて存在しない。ただの脳内の化学反応だ。」といいつつ生命はないがしろにしないじゃん?  
   
  でもそれって、神も生命も、程度問題で本質的には同じ性質のトピックで、  
  「生命が存在するなんていってるやつらを信じるな!あんなものは好き勝手に壊して構わないんだ!」  
  と言ってる事とおんなじなんだよ、無神論は。  
 
149 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:12:13.88 ID:ooHphfl10.net 
  >>148  
  は?生命は間違いなく存在してるし自分もそうだけど  
  神は人間の創作で小さいうちから刷り込んでるものじゃん  
  無いじゃん  
 
150 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:14:33.08 ID:EZiildT20.net 
  >>149  
  じゃあ「生命」って何?「意識」って何?  
 
152 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:17:04.69 ID:ooHphfl10.net 
  >>150  
  なにってそのまんまだけど?  
  お前は生命で意識を持っているだろ  
  それに名前がついてるだけ  
   
  で、神はなんなの?答えてみな  
 
154 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:19:31.04 ID:EZiildT20.net 
  >>152  
  神を信じてる人も同じ言葉を返すと思うぞ  
   
  神はこの宇宙に広くあまねく存在してるだろ?  
  それに「神」と名前を付けてるだけ  
   
  って。  
 
155 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:21:16.74 ID:ooHphfl10.net 
  >>154  
  > 神はこの宇宙に広くあまねく存在してるだろ?  
   
  してねえよ  
  押し付けておいて「あるだろ」と言い張るなよ  
  生命と意識はある、証拠はお前そのものだ  
  神は存在する証拠が無い  
   
  出せ  
   
  お前は「ある」としか言っていないし、それは証拠にはならないお前の妄想でしかない  
 
158 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:23:49.74 ID:EZiildT20.net 
  >>155  
  生命があるとお前が思っているのは、お前が子供のころからそう刷り込まれてるからなんだよ。  
  「生命を大切にしなさい」ってな。  
  本当はそんなものはないし、他のものより生命を大切にしなければいけない科学的理由はないんだよ。  
 
160 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:25:43.29 ID:ooHphfl10.net 
  >>158  
  はあ?  
  生命が刷り込みなら今すぐ絶って神でも霊でもなれよ  
  信じてるんだろ  
  すぐやれ  
 
168 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:32:16.79 ID:EZiildT20.net 
  >>160  
  いや、「神」も「生命」も同じ性質だといってるんだよ。  
  だから「生命」を尊重していることと「神」を尊重していることは  
  本質的に同じような事。否定するのも同じ。  
   
  逆説的にお前に教えてやってるんだよ。  
  いまお前が「生命」や「意識」を確固たる現実存在であると感じている全く同じ形で  
  神を信じてる人は神を現実存在であると感じているという事。  
 
156 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:22:30.61 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>154  
  それ単にお前が勝手に自然現象に神様を見出しているだけで  
  一般的には妄想っていう  
   
  多くの人間が同じ妄想を共有しているからと言ってそれが真実なわけではない  
 
162 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:27:40.95 ID:EZiildT20.net 
  >>156  
  「生命」や「意識」だってそうだろ。  
  「なんとなくありそうだ」とお前が感覚的に思ってるだけで。  
   
  結局、「神」と同じ性質の話。  
  「生命」や「意識」は尊重するけど「神」は尊重しない、おかしいよな。  
 
167 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:31:57.78 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>162  
  現象を”生命””意識”と名前を付けているだけで  
  現象そのものは確実にあるでしょ  
  その本質はあやふやで確定できないが、現象そのものはあるんだよ  
  神は現象があやふやでただの妄想  
 
173 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:38:21.56 ID:EZiildT20.net 
  >>167  
  「生命や意識」が「確実にある」といいきれるお前はすごいよ。  
  「神は存在する」と言い切れる人と同じくらい。  
   
  で、「言葉の問題」の話にすると、「じゃあ言葉って何?シニフィエっとシニフィアンって何?」  
  ってことになって、そこにまた、存在するかしないか分からないものを突き詰める  
  無限の思考過程に突入するのだが  
 
170 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:34:12.40 ID:ooHphfl10.net 
  >>162  
  そもそもお前自身が神というものを定義づけられていない  
  少なくとも俺が思う一神教の神ではないようだ  
   
  なんだかわからないものぜんぶ()  
   
  俺は未知の物と宗教は区別すべきだとすでに言っている  
  そして偶像を崇拝し、教会で祈る対象に神という名称を使っている以上  
  「未知の現象」に神という言葉を使うべきではない  
 
174 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:40:03.93 ID:EZiildT20.net 
  >>170  
  ああ、偶像崇拝とかのことを神と呼んでるのか  
  別にだれも偶像崇拝の狭い話なんかしてないだろ  
 
175 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:43:08.00 ID:ooHphfl10.net 
  >>174  
  神って名前を使う以上それは避けられないな  
  だったら他の名前を使え  
   
  未知でいいだろ  
  なんだかわからないものぜんぶ()でもいいぞ  
   
  それを神という名称で呼ぶな、そして現象は一つではないのに一絡げにするな  
   
  神は存在しない  
 
177 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:44:20.86 ID:ooHphfl10.net 
  >>174  
  それでなあ、なんだかわからないものぜんぶの話だったら  
  信じるって言葉も出ないんだよ  
   
  このスレタイ、明らかにキリストの話だろ  
  お前がずれてるんだよアスペ  
 
184 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:50:27.64 ID:EZiildT20.net 
  >>177  
  >このスレタイ、明らかにキリストの話だろ  
   
  違うと思うな。  
  で、スレタイはともかく、科学や論理を突き詰めた人たちが、そういう誤解を覚悟しつつそれでも「神」という言葉を使うのは  
  自分たちが到達できたちっぽけな真実とその向こう側のまだ到達できていない領域を感じた時に、  
  他のどんなものよりも「神」という誤解を多分に含む言葉で歓喜されるイメージの方が近い、  
  そう感じるぐらいのとてつもないものであるからこそ「神」という言葉を使ってるんだと思うな  
   
  そこにシニフィエとシニフィアンという、言葉の問題はあるのだけど  
 
191 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 05:55:19.78 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>184  
  お前の言っていることは〜に違いないとかそんなんばっかだな  
 
159 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:24:27.03 ID:t8ZlejS60.net 
  科学者は神がいないことを証明できないので、とりあえず存在を認めている。  
 
178 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:44:33.92 ID:t8ZlejS60.net 
  科学者の10割が金という共同幻想信じてるわけだから、神くらい信じててもおかしくない。  
 
189 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:54:57.44 ID:NYL3ROiJ0.net 
  ニーチェの「神は死んだ」を伝家の宝刀にして、神を長い間考えないで  
  いいことにしていた日本人は多かった。「(そんな)神は死んだ」の「そんな」  
  を付け加えるだけで、鳩が豆鉄砲を食らったような顔になったのさ。  
 
285 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:30:45.74 ID:RFt1WfFq0.net 
  >>189  
  ニーチェをわかっていない  
  「神は死んだ」は「ユダヤに屈するな」という意味だよ  
 
289 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:32:52.05 ID:nKQUZ/8R0.net 
  >>285  
  全然違う  
  バカか  
 
303 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:44:52.79 ID:ooHphfl10.net 
  >>285  
  その頃から陰謀があったのか  
  なんか興味持ったわ  
 
193 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 05:55:58.58 ID:6wHR4fOK0.net 
  アインシュタインがよく口にする「神」は例えばキリスト教や仏教などの人を神格化したものをぜんぜん指してないから  
  本人が「存在するものの秩序ある調和の中に自らを現すスピノザの神なら信じるが、人間の運命や行動に関わる人格のある神は信じない」と言ってるし  
 
198 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:04:09.57 ID:EZiildT20.net 
  >>193  
  でも、そういう万物に広く満ち渡っている自然の法則が、人間が備えている意識のような構造や性質の、  
  さらにそれより複雑で精密な構造や性質を備えている上位セットである可能性を想像すると、  
  じゃあ擬人化はあながち絶対に誤りとも言い切れないんじゃ  
   
  人間の限られた認識能力に万物の法則を投射したときに、人間のキャパとして擬人化以外に正確にイメージを捉えようがないとか  
 
201 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:08:05.72 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>198  
  何その想像w  
  一般的には妄想  
 
210 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:19:52.01 ID:EZiildT20.net 
  >>201  
  じゃあ人間という形での意識や知性や思考が宇宙の中で地球に発生して、  
  それが人工知能や遺伝子操作などで新しい生命を生み出そうとしている、  
  「生命が別の生命を生み出そう」という行為は、これはあくまで特異的で  
  他には起こりえない事なのか?  
   
  宇宙の、自然の法則の中に、それが普遍的に起こりえる性質として組み込まれているから  
  そういうことが起こってるんじゃないの?  
   
  そうだとするならフラクタル構造のように、生命にも無限に上位階層と下位階層があっても  
  それほど不思議ということも絶対にありえないということもないだろ  
   
  上から下は完全にみえるけれども、下から上は一部しか見えない  
   
  それとも人間だけが特別?地球という星の人間の意識にだけに万物の法則による祝福があって奇跡が起こった?  
  人間にだけそんな奇跡が起こったのなら、そっちの方が「神」だわ  
 
214 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:24:38.31 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>210  
  >>そうだとするならフラクタル構造のように、生命にも無限に上位階層と下位階層があっても  
  >>それほど不思議ということも絶対にありえないということもないだろ  
  >>上から下は完全にみえるけれども、下から上は一部しか見えない  
   
  このあたりが妄想  
  そんなもの持ち出さなくても説明ができるのに勝手に導入すんなよ  
 
216 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:30:52.97 ID:EZiildT20.net 
  >>214  
  じゃあ人間の「意識」について説明してよ。  
  人間の脳がただの化学反応でしかないのに、痛いだとか苦しいだとか消えてしまいたいだとか、  
  物質以上の感じ方をしてしまう理由とその本質を。  
  単なる物質の化学反応なのだからそんなものどうだっていいはずなのに、痛みや苦しみでどうにもできない理由を。  
 
225 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:40:50.09 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>216  
  >>物質以上の感じ方をしてしまう理由とその本質を。  
  君の思い込み、妄想  
  君が勝手にそれを物質以上だと感じているだけ  
 
230 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:45:23.66 ID:EZiildT20.net 
  >>225  
  じゃあ物質以上でもなんでもなく、壊してもなにをしてもかまわないもの?  
 
233 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:47:52.78 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>230  
  なんでそこで”壊していい”に結び付くわけ?  
   
  神様が介在するものは壊してはいけない  
  神様が介在しないものは壊してよい  
  とでも教えられてるの?  
 
238 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:54:34.71 ID:EZiildT20.net 
  >>233  
  それは、多分君が「意識なんて単に物質の化学反応」とうそぶきつつ、  
  そのくせ簡単に壊せない「畏怖」に縛られてるだろうと思うからだよ。  
   
  その「畏怖」はどこからくるの?  
 
239 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:56:28.24 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>238  
  私が聞いているのは”なぜ壊していい”に結び付くのか?だ  
 
245 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:00:46.14 ID:EZiildT20.net 
  >>239  
  目の前に石があって、それを割ることに躊躇することはないだろ?  
  人間の意識もそれと同じようにぐしゃぐしゃに潰してしまうことに抵抗はある?抵抗がない?  
  潰してしまう人に対して抵抗がある?抵抗がない?  
   
  「意識」に対して君が「畏怖」を持っているか持っていないか、それが知りたいんだよ  
 
254 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:06:25.17 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>245  
  私が聞きたいのはなぜ”物質だったら壊してよい”という発想に至ったかだ  
  まずそれを答えてくれないか  
   
  まあついでに先に君の質問に答えておこうか  
  私は目の前に石があって、それを割ることに躊躇する。  
  私は目の前の意識に対してそれを阻害することを躊躇する。  
  なぜならそれを尊重しようとし、自らも尊重されたいと思うからだ  
  それは”畏怖”からくるものではない  
  これでよいかな?  
 
261 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:13:53.21 ID:EZiildT20.net 
  >>254  
  答えると、物質なら壊すことに躊躇ないだろうなと俺が想像したから喩えに使ったんだよ。  
  別に「壊す」である必要はない。単なる物質と、人間の意識との間で線引きしている「何か」であれば  
  それでいい。  
   
  じゃあ、質問を元に戻すけど、その「尊重」というのは「畏怖」と同じだね。  
  「尊重しない事」に対する畏怖。その畏怖はどこから来るの?  
 
267 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:16:49.64 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>261  
  そうか、私は単なる物質でも壊すことに躊躇する。君は間違っていたな  
  そして単なる物質と人間の意識との間に明確な線引きはない。君は間違っていたな  
   
  さらにその”尊重”と”畏怖”は別物である  
  私は私を尊重してもらいたいとは思うが、畏怖してもらいたいとは思わない  
  君は間違っていたな  
 
272 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:20:38.80 ID:EZiildT20.net 
  >>267  
  で、君は割り箸を割ったこともないのか?  
 
274 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:23:36.49 ID:EZiildT20.net 
  >>272  
  で、そういう妄想を持っている俺が自分の感情からいろいろ君に絡んだりするのは自然であるとして、  
  そうでない君が自分の感情を完全に脳の化学反応と割り切って処理できないのはおかしいだろう  
 
278 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:25:07.82 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>274  
  つまり、俺の妄想を受け入れろと?  
  知ったことかよ  
   
  ところで物質なら”壊してよい”という発想はどこから来たの?  
  質問に答えてくれないか  
 
288 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:32:50.01 ID:EZiildT20.net 
  >>278  
  大方の人の行動を見て、そこらに落ちている木や石を潰すのと、人間の意識を潰すのに  
  明確な線引きがあると感じるからだよ  
  キャンプファイヤーでご飯を炊くとき、木切れは平気で燃やすけど、木切れがないからと言って  
  嫌がる人間をかわりに燃やしたりはしないだろう?  
 
275 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:23:49.83 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>272  
  割り箸を割ったことはあるよ。  
  もちろん割る時には躊躇する、それは必要なのだろうかと  
  目の前にコーヒーカップがあるがそれを割ろうとは思わない。  
  その存在を尊重し、破棄するときは躊躇するだろう  
  庭に石があり苔が生えていても、その存在を尊重し壊そうとは思わない  
 
240 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:58:12.37 ID:ooHphfl10.net 
  >>233  
  >>148とか>>158とかおかしいよな  
   
  これだから信者は嫌だよ  
  生命より神が大事であの世があるといいなと思って妄想しているのかな  
  死んだら驚くことすらないと思うけど  
 
234 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:48:31.08 ID:FJerpCJl0.net 
  >>225  
  意識が妄想なのか  
  意識を妄想だと思う事が妄想なのか  
  その答えをいかにして「観察」するのか  
 
241 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:58:16.54 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>234  
  ポイントは認識出来ないものは存在しないと  
  言えるかどうかという命題なんだよね。  
  生者はこの世を認識してるがあの世は認識を  
  出来ない。  
  では、死者はこの世を認識できるのかという  
  話なんだよね。  
  認識出来なければ存在しないならばこの世は  
  死者にとって存在しないことになるw  
  でも、生者はこの世を認識してるわけだ。  
   
  認識というのは時間の経過とともに思考して  
  初めて生じる概念なので、一瞬一瞬では誰も  
  世界を認識してないことになる。  
  では、一瞬一瞬の世界は存在してないことに  
  なるのかという命題。  
 
249 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:02:16.78 ID:ooHphfl10.net 
  >>241  
  > 死者にとって存在しないことになるw  
  はいパラドックス  
  死者に何かを認識できる意識はない  
   
  死者と生者は対等ではない  
  死者は物体だ  
 
253 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:06:04.21 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>249  
  だから、お前はバカなんだよ。  
  死者にあの世が認識できるか  
  どうかなど誰も知らない。  
  生者は生者のことしか理解を  
  出来ない。  
   
  これがわからないものは科学  
  は向かないから諦めろ。  
 
257 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:09:59.38 ID:FJerpCJl0.net 
  >>253  
  死者と生者という区別は科学の範疇では無いな  
 
266 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:15:54.32 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>257  
  科学の範疇だよ。  
  範疇というよりど真ん中だよ。  
   
  見えるもの認識してるものが  
  自分の理解で正しいのか本質  
  を考えるのが科学なんだから。  
   
  宇宙の大きさ光の速さが判明  
  して初めて見ている星が現在  
  の星ではなく過去の星である  
  と人々は正しく認識が出来た。  
   
  地球が丸いというのもそうだ。  
  引力を理解しないと昔の人は  
  信じられなかっただろう。  
 
207 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:12:06.74 ID:9ZP5pUpSO.net 
  科学者の場合はスピノザの神っぽい方向だよね、  
 
220 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:35:11.20 ID:wJdcMME80.net 
  普通に考えて欧米人はみんななにがしかの信仰があるのが普通じゃんか。  
  無神論者とか日本人くらいじゃねえのか?  
 
226 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:41:19.60 ID:HHT9dCBf0.net 
  説明できない事なんてゴマンとあるからな  
  そういう部分は神様ってことにしておかないと自身の自我が保てない  
 
229 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:43:19.15 ID:ooHphfl10.net 
  >>226  
  だからそれと聖書は切り離してくれないと  
   
  科学者が「俺なりの信仰がある」と言ったら聖書を信じる=聖地は誰それの物〜  
  って持っていこうとしているのが気に入らない  
 
236 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 06:50:39.73 ID:EZiildT20.net 
  >>229  
  でも、それを気に入らないからと言って、引用されている科学者たちの言葉にいちゃもんをつけるのは矛先が違うだろ  
  科学者たちの言葉とは切り離して国連を責めるべき  
 
244 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:00:08.65 ID:ooHphfl10.net 
  >>236  
  そうしてるんだが  
  科学者にもその言葉にもいちゃもんつけてないだろ  
  あんた本当にアスペじゃないか?  
 
255 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:06:55.33 ID:EZiildT20.net 
  >>244  
  あ、そう。それならいいよ。  
  俺がアスペだとして、それがウザいかどうかは君の脳内の化学反応の都合だから、  
  科学的に適当に処理しなさい。  
  単なる物質の化学反応で、ウザいという君の意識や感情に意味はないから。  
 
259 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:11:09.87 ID:ooHphfl10.net 
  >>255  
  お前ができていないものを人にさせようとするな  
 
271 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:18:35.95 ID:EZiildT20.net 
  >>259  
  俺は逆説的にいってるんだよ。  
  生命や意識が単に化学反応とも思いきれないし、ともすれば神という言葉で、半ば人格を帯びた自然法則で世界を捉えてしまう人間だから。  
 
273 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:20:39.29 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>271  
  >>生命や意識が単に化学反応とも思いきれないし、ともすれば神という言葉で、  
  >>半ば人格を帯びた自然法則で世界を捉えてしまう人間だから。  
  全て君の妄想だな  
 
228 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:42:55.15 ID:eQXW86nT0.net 
  神はいる  
  いなかったら  
  突然の腹痛で便所が見当たらないとき  
  誰に祈ればいいというのだ  
 
232 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:47:39.28 ID:ooHphfl10.net 
  >>228  
  それ必ず言うけど漫画で半ば神をバカにする形でそういうシーンは良く見るが  
  本当に神に祈るか?改めて思い返してみたが俺の場合は自分の腹が下ったら  
   
  「血よめぐれ、水分を分散してうんこを干からびさせよ」  
  「俺が息を止めたら全身の血は腸の屁を吸収せよ」とかかなり現実的な命令をするぞ  
  そして「肛門頑張れ」と、刺激を避けできる限り〆る  
   
  本当に神に祈るか?これっぽっちも効果ないわ  
 
237 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:53:32.80 ID:G9zav5he0.net 
  >現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が  
  >何人いるのかについて調査しました。すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりまし  
  >た。  
   
   
  「素晴らしい科学者」の定義が不明だけど  
  過去300年ならそんなもんだろうね  
  20世紀前半以前に神を信じないなんて広言したら偉いことになったし  
 
243 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:59:22.72 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>237  
  それは君の勘違い。  
  神と言っても彼らが言ってるのはキリスト  
  とか仏とかそんな次元の話じゃない。  
 
242 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 06:58:36.03 ID:vl4jSn9GO.net 
  神などいやしない  
  あの世なんてありはしない  
 
251 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:03:09.86 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>242  
  知能が低い人間はそう思う。  
  何故なら自分の自我を離れた思考が  
  出来ないから自分が見れないものは  
  存在してないと考えるからだ。  
   
  しかし、科学者たちは見えないもの  
  が存在してないとは考えない。  
   
  昔は細菌の存在は誰も知らなかった。  
  しかし、細菌は昔から存在していた。  
  そして、細菌を発見してもその存在  
  を頑なに信じなかった者は霊の存在  
  のような見えないものの存在を全然  
  信じてない無神論者だったわけだw  
 
256 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:07:26.18 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>251  
  あの世があるの?  
 
258 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:10:40.43 ID:hIffFL6u0.net 
  >>256  
  完全な無が存在するのかという仮定から入らないとな  
  無が存在しないのならあの世がある  
  無が存在するのならあの世はないことになる  
 
262 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:13:59.80 ID:ooHphfl10.net 
  >>258  
  因果関係がない件  
 
276 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:24:05.44 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>258  
  あの世があることと完全な無とどう関係あるのかよくわからないよ  
   
  死んでからどうなるというの?  
 
282 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:27:31.03 ID:hIffFL6u0.net 
  >>276  
  個人的に思うことは  
  精神がここにある以上生まれる前からこの精神の元はどこかにあり命が消えたあともどこかに残るはず  
  物質が1とするなら精神は0.0001ぐらいの数値かもしれないが  
 
284 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:30:38.50 ID:ooHphfl10.net 
  >>282  
  なにがはずだよ  
  お前の希望でしかないから精神を残したければ書物でも残すんだな  
 
286 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:31:09.95 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>282  
  精神とか心とかってただ脳が感じてるだけじゃないの?  
 
305 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:46:12.17 ID:hIffFL6u0.net 
  >>286  
  ただ脳が感じてるだけと思うならそれまでの装置ではあるな  
  それでも君が死んだあと土に還って木が生えたりするし生まれる前も死んだあともゼロにはならない  
  君が関わった人の中にも君に言われて行動を変えただろうしそれが君が関わった証拠だと云うのなら  
  四次元的なバタフライエフェクトの一つや二つ起こしてるのかもしれない  
  意識がただ脳が感じてるだけとするには容量が謎過ぎる気もするがね  
 
307 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:54:05.53 ID:ooHphfl10.net 
  >>305  
  アホすぎない?  
   
  とりあえず俺は死んだ後まで自己顕示欲なんかもってたくないし  
  なるべくなら人類に貢献できたらいいけど凡人なので永続的な何かを残すこともないけど  
  身近な人間の人生をお互いに少々彩って生きてる間にありがたく天才の発展させた文明を満喫するわ  
 
317 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:02:22.57 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>305  
  小さなSDカードとかにもびっくりするぐらいデータが入るんだから  
  こんな大きな脳味噌ならすごい容量だよきっと  
  全然使いこなせてないけど…  
 
320 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:06:28.16 ID:hIffFL6u0.net 
  >>317  
  大脳は新しい脳、人間はその部分が肥大してるだけであって  
  大脳の小さい動物に意識がないかといったらそうでもないような気もする  
  これ以上は牛さんが食えなくなるから止めておこう  
 
325 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:13:19.32 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>320  
  網戸の隙間からも入ってくるような小さな虫だって自分で食べ物や交尾する相手を探したり  
  敵から逃げたりしてるんだからすごいよね  
   
  あんなのつくろうったって無理だよきっと  
   
  ああいう虫も脳があるんだよね?  
   
  死んだらあの世に行くのかな  
   
  それはないような気がする  
 
329 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:21:43.90 ID:hIffFL6u0.net 
  >>325  
  宗教は科学で証明できてないまだ未知な物を今ある言葉で分かりやすく表現した物と仮定する  
  仏教でもキリスト教でも天国がある  
  たまに死にかけた人も三途の川とかお花畑とかそう表現してるし(何故か地獄に行きかけた人はいないが)  
  詳細は多分嘘だろうけど感覚的にだいたいあんな感じなんだろ  
 
332 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:23:26.17 ID:ooHphfl10.net 
  >>329  
  いいかげん未知と人間の妄想を分離しないとな  
  まとめて神にするからおかしくなる  
   
  死後の世界?人間の執着から生まれた妄想でしかない  
 
341 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:38:12.66 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>329  
  宗教は人をコントロールするために生まれたんじゃないかと自分は思うようになった  
   
  死にかけた人の話に出てくる世界は人間が死にかけたら見る夢なんじゃないかなとか思う  
   
  完全に死んだ人に聞いた話じゃないから  
 
344 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:41:14.72 ID:hIffFL6u0.net 
  >>341  
  コントロール、宗教はそれもあるな  
  どこからがコントロールでどこからが真理を表現したものか  
  科学の発展を待つ間妄想で埋めてみるのが人生のひつまぶし  
 
350 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:44:21.40 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>344  
  暇つぶしとか時間つぶしって言葉はあまり好きじゃないよ  
  自分の命のかけらをつぶしてるみたいだから…  
 
367 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:08:03.51 ID:hIffFL6u0.net 
  >>350  
  じゃあ浪漫に変える  
 
372 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:11:07.60 ID:hIffFL6u0.net 
  >>367  
  あ、間違ったマロンね  
  マロンに変える  
 
260 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:11:45.86 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>256  
  この世がある限りあの世があっても  
  おかしくはないということ。  
  認識出来ないものは存在しないなら  
  君が生まれる前にこの世はなかった  
  ということになる。  
  つまり、君が宇宙の創造主のわけだw  
   
  君がいないと宇宙は存在しないなら  
  確かにあの世は存在しないのだろう。  
  自分の認識するこの世だけになるね。  
  しかし、自分が認識してるから宇宙  
  は存在するという自分を創造主だと  
  考える発想は科学的と言えるかな?  
 
281 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:27:14.60 ID:vl4jSn9GO.net 
  >>260  
  体が死んでからの世界があるならどうやって自分のままでいられるの?  
 
291 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:33:25.83 ID:t/X0NRmw0.net 
  >>281  
  自分のままってなんのこと?  
  時間とは何かから考えてみ?  
   
  死者に時間はある?  
   
  この一瞬と次の一瞬の間に  
  君は死んで生まれ変わった  
  として君は自分のままか?  
   
  君を構成する物質はすでに  
  最初の君とは入れ替わって  
  いるということわかってる?  
 
283 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:28:17.53 ID:EZiildT20.net 
  じゃあその「尊重」という感情はどこからくるの?  
  物質の化学反応には「尊重」という現象が科学的に立証されてるの?  
   
  意識と石ころが自分にとって同じだと強弁することで、逆に袋小路に向かっていると自分で感じない?  
 
290 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:32:58.99 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>283  
  ところでなぜ物質なら”壊してよい”という発想になったか答えてくれないか  
   
  まあ、先に君の質問に答えてあげよう  
  尊重は私の意識から来ている。  
  >>物質の化学反応には「尊重」という現象が科学的に立証されてるの?  
  この質問は意味が分からないな。”尊重”は減少じゃないし科学関係ないし  
  立証されるものでもない。  
  何をわけのわからないことを言っているんだ  
   
  それはともかく私の質問に答えてくれ  
  なぜ物質なら”壊してよい”という発想になったかだ  
 
297 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:40:47.82 ID:EZiildT20.net 
  >>290  
  何度も答えてるじゃない?  
  「俺が物質ならば潰していい」から「潰していい」とかいたのではなく、  
  大方の人間がそういう行動をとるからそれを例にしたって。  
   
  で、じゃあ君は科学的でもなんでもないのに石を尊重してるんだね。  
  それって宗教みたいだね。尊重する根拠も君にはないはずなのに、まるで人々が神を尊重するように  
  石を尊重するんだ?  
 
299 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:43:33.39 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>297  
  なるほどつまり君は周りの行動を観察して  
  物質ならば壊しても良いと学習したんだね  
  よくわかったよ  
   
  さてでは一つ質問をする。  
  なぜ神は居るという発想になったんだい?  
 
302 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:44:42.24 ID:EZiildT20.net 
  >>299  
  お互いに答えっこしてるんだから、次は君が答えてよ  
 
304 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:45:28.93 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>302  
  私の方が何度も先に答えているよね  
  まだ君の番だよ  
   
  なぜ神は居るという発想になったんだい?  
 
308 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:54:40.63 ID:EZiildT20.net 
  >>304  
  俺が神という名前で例えているのは科学で解明できている領域の向こう側の総称で、  
  それを単に「未知」というのでは表現しきれない、まだ知らないけれども何かがある、  
  と強く感じるからだよ。  
  それを表現する言葉として、歴史的に「神」という言葉がそのイメージを一番喚起するから、  
  それ以外によりよい言葉がそう簡単にみつからないからその言葉を使ってるんだよ。  
   
  シニフィアンとシニフィエの問題。  
 
313 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 07:59:06.24 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>308  
  >>それを単に「未知」というのでは表現しきれない、  
  >>まだ知らないけれども何かがあると強く感じるからだよ。  
   
  それが存在する必要も証拠も無いのに勝手に君が導入したんだよね  
  それを妄想っていうんじゃないかな  
 
315 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:00:31.83 ID:EZiildT20.net 
  >>313  
  きみの「尊重」という感情も科学に立脚しない、妄想だよね?  
 
318 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:02:54.80 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>315  
  いやそれは私の意思が生み出した感情  
  われ思うゆえにわれあり、よって意思は妄想ではない  
 
323 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:09:49.78 ID:EZiildT20.net 
  >>318  
  お前はずいぶん非科学的な存在だなw  
  非科学的な存在が科学を語る、これぞパラドックス  
   
  ちなみにコギトエルゴスム(われ思うゆえにわれあり)は科学法則でも定理でも公理でもないからなw  
 
327 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:14:35.11 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>323  
  自身の存在の証明に対する回答だな  
   
  で?それが何で非科学的になるんだ?  
 
330 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:22:10.47 ID:EZiildT20.net 
  >>327  
  科学科学といいながら、そういった人の行動や実際の生活のほとんどが科学と全然関係のない基盤に立脚して行われてるからだよ  
  科学的にそうである理由もないのに「尊重」したりなw  
  それをする自分を認めるなら、神という概念で自分の行動を形作る人たちのことも単に否定する気にはなれないだろ  
  立脚しているところが生まれや文化でたまたまちがっただけでやっていることは本質的に同じ  
  山に登るスタート地点と使う言葉が違うだけ  
 
336 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:31:32.90 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>330  
  私は意思や感情に基づいて行動するが、意思や感情に基づいた理論は展開しない  
  感情を取り入れた思考はしても、感情を取り入れた証明はしない  
  これは科学的思考から外れたものではないと思うが  
   
  また君が神を信仰していることは否定しないが、神の存在そのものは否定する  
  君が君の内側で神を信仰することは否定しないが君の外側まで布教しようとするなら  
  科学的論拠によって否定する  
   
  簡単に言えば、私は神様の存在は否定したうえで  
  お前は教会の中だけでやってろ外に出てくんなってこと  
 
339 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:35:29.37 ID:EZiildT20.net 
  >>336  
  >お前は教会の中だけでやってろ外に出てくんなってこと  
   
  あーん?  
  うちの家は真言宗なのでw  
  法事もお坊さんがお経を読んでくれるよw  
 
343 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:39:21.38 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>339  
  神様神様言いながら真言宗かよ  
  仏教徒のくせに非仏教的存在信じてるんじゃねえよ  
  解脱できねえぞ  
 
295 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:39:01.70 ID:AWxW8CSg0.net 
  神も信じない、霊も信じない、墓石を蹴り倒す世代になってきてるのは事実  
  目に見えるものしか信じない  
 
309 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:54:55.34 ID:NYL3ROiJ0.net 
  >>295  
  >神も信じない、霊も信じない、墓石を蹴り倒す世代になってきてるのは事実  
   
  日本はG7先進国の中で自殺率はトップ。しかも若者の自殺率においては世界で堂々の  
  1位。神が直接下した神罰ではないと思うけれども、人間の心は、信仰心を持たない  
  と折れやすくなる、壊れやすくできあがっているんじゃないかな。  
 
314 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 07:59:35.75 ID:ooHphfl10.net 
  >>309  
  亡くなった人の人生に対してやっているのと同じだからそんなことはないと思うけど  
  なにしろ先祖代々の墓でも寺でも天災で破壊され流されてしまっては  
  ほんと地球の表面のチリみたいな人間が宇宙代表みたいなツラして  
  神がこの世を云々だのほざいて他の生命を欲望のままに頃して食ってるかと思うとほんと  
  俺の1レス目に戻るんだわ  
 
338 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:31:49.70 ID:wMER5lh00.net 
  神を信じないといおうものならテロリスト扱いされるという社会的圧力が有るってだけだろ  
 
340 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:36:42.68 ID:ooHphfl10.net 
  >>338  
  これ  
  日曜に教会に行かなきゃならない圧力とか恐怖やんけ  
  信仰の自由なんかありゃしない  
 
346 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:42:36.17 ID:RFt1WfFq0.net 
  ニーチェに比べたら他の哲学者は価値がない  
  ニーチェだけは読むべき  
 
356 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:55:45.24 ID:KCR5RNaG0.net 
  >>346  
  ニーチェなんて女にストーキングしていた変態でしょ  
  それにヨーロッパでは哲学では相手にされていない。日本でもてはやされてるだけ  
  単なる主観で物事考える夢想家  
 
362 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:00:51.86 ID:RFt1WfFq0.net 
  >>356  
  君は教養がないねえ、論外  
 
365 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:06:35.56 ID:KCR5RNaG0.net 
  >>362  
  哲学ってのはこの世界の自然現象などの事実を根拠にしてそこから論理によって演繹して第一の原理、原因である神を証明する学問  
  ニーチェなんて根拠なしに神は死んだだの自分の感情、主観で物事語ってるだけ  
  それこそ単なるそこら辺にいる小説家と同じ  
 
366 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:07:13.31 ID:RFt1WfFq0.net 
  >>356  
  そもそも主観客観などデカルト・カントで終わった話だろ  
  科学が客観的だとかバカもいいところだ  
  少しは内容のある話をしているのにこういうバカがしゃしゃりでる  
  ヨーロッパでは日本より哲学は尊重されているだろ  
  哲学とはヨーロッパのものだ  
 
375 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:12:30.53 ID:KCR5RNaG0.net 
  >>366  
  主観客観が終わりってどういう意味?  
  むしろデカルトから客観から主観に変わってカントやヒュームで観念論哲学が形作られ近代は主観主義の哲学だろ  
  哲学どころか科学などの学問は全て客観でなければならないだろ  
 
387 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:19:22.96 ID:RFt1WfFq0.net 
  >>375  
  ヒュームはよくしらんがカントは主観主義とは言えない  
  物自体を認めているからね  
  またカント的には科学は主観と客観の合作なので、科学が客観的だとは言えない  
  主観客観図式は近代哲学で終わりでしょ  
  科学が客観的だとか言ってるのは哲学を知らない証拠  
 
409 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:36:38.39 ID:KCR5RNaG0.net 
  >>387  
  主観とか客観の意味分かってる?  
  客観性がなければ科学はもとより学問自体成り立たないでしょ  
  なんで根拠がなくてその人の主張していることが正しいって分かるんだ?  
 
412 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:45:48.75 ID:ygLRYUny0.net 
  >>409  
  横だが、おそらく主観から独立した真の客観はありえないと言いたいんだろう  
  しかし科学で言うところの客観性とは、これは再現性とも結び付くと思うが  
  誰が見てもそうだと言えるようなものという意味合いだろうし  
  主観から完全に独立した客観はありえないとしても、認識の上での客観はあるわけだから  
  やはり科学には客観性があると言えるんだよな  
 
413 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:49:39.03 ID:EZiildT20.net 
  >>412  
  でも、客観だと思っている人たちがすべて催眠術にかかっていて、客観だと信じ込んでいるだけだという  
  外部からのメタな介入が  
 
418 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 10:03:32.34 ID:ygLRYUny0.net 
  >>413  
  全人類が催眠術のようなものにかかっていて認知を歪められているとしても  
  認識を共有できるなら客観性があると言えるだろう  
 
419 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 10:09:22.63 ID:EZiildT20.net 
  >>418  
  知的障害児との認識の共有とか考えるとどういうことになるんだろ  
  彼らとの間に科学は築けるんだろうか  
   
  これは程度の差であって、他の人間からすれば自分が知的障害児でありえるわけで  
  それをかんがえると、客観性の担保なんてもう何が何やら  
 
353 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 08:51:22.50 ID:2teRXJiL0.net 
  こういう人たちが神とよんでる神は常人が考えてる神さまとはまったく別物だよ  
 
360 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:59:09.27 ID:ygLRYUny0.net 
  >>353  
  アインシュタインは自然法則なんかを神と呼んでいそうだが  
  マックスプランクは意識や心という言葉を使っているので(訳が正しければ)  
  万物を司る神のような存在を信じていそうではあるが  
 
354 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 08:52:25.83 ID:EZiildT20.net 
  人類が真理に辿り着いたとして、天変地異や核戦争でも起こればあっさり消えてしまうような紙の上の真理って、  
  宇宙から見たらいったいどういう存在なんだろう?  
   
  大宇宙の出来事が、しがない銀河のちっぽけな太陽系の塵みたいな惑星である地球に短期間生存した種族の残した  
  ケイ素の中に大宇宙の構造が記されているなんて…  
   
  それこそファンタジーだわ  
  もしかしたらそこいらの犬っころの細胞の中をさぐったら、そこにも大宇宙の構造が密かに残されていたりしないのだろうか  
 
364 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:05:21.91 ID:EZiildT20.net 
  でさ、でさ、>>354って人類が宇宙の構造を小さな小さなシリコンチップに焼き付けていってるんだから、  
  これってなんか無茶苦茶高性能なレンズみたいなものじゃね?  
   
  じゃあ、カメラや望遠鏡のレンズの中にも、そういう人類みたいな何かが一生懸命頑張っていたりして  
  レンズの中の人がんばれ!超がんばれ!って気持ちになるよね  
 
371 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:10:53.93 ID:EZiildT20.net 
  >>364  
  よし、俺はこれを大宇宙のレンズ効果と名付けよう  
   
  自然の中でたまたま発生した構造が大宇宙をすっかり写し取り、ちいさなものにその情報をすっかり刻み込む現象  
  人類は、たまたま発生したレンズの一つの形態にすぎない  
   
  探せばもっといたるところに、より性能の良いレンズと、それによって焼き付けられたフィルムがあるはず  
 
381 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:15:59.72 ID:sUDxgwO90.net 
  >>371  
  残念ながら、そこは仏教が遥か昔に通過している。  
  曼荼羅だな。  
 
389 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:20:31.67 ID:EZiildT20.net 
  >>381  
  そこを「レンズ」という科学的装置をメタファーにすることでだな…ラノベを書こうというのだよ  
 
403 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:27:36.15 ID:sUDxgwO90.net 
  >>389  
  残念ながらそれも…ラリイ・ニーヴン御大が。  
 
380 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:14:54.89 ID:la+sPFj+0.net 
  とにかく科学的知識やらを信心に利用してないんじゃないかと思うがな。  
  分けて考えてるだろう。  
  ダーウインあたりは大変だったろうな。  
 
385 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:17:32.31 ID:sUDxgwO90.net 
  >>380  
  当時は新聞やらでも散々言われたらしいなぁ、  
  人間は猿から進化した訳ではないと言うのが一般論だったあの時代では。  
 
390 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:21:54.10 ID:la+sPFj+0.net 
  >>385  
  そういうことで叩かれるのイヤだから信じたフリしてたんじゃないかね。  
  だから、このような髪を信じたフリをしてる化学者発の言葉が多く残ってる。  
  アダムの肋骨からエバがうまれたとか熱弁ふるうキチガイを鼻で笑ってたと思うよ。  
  だれがダーウインの立場になったってそうするだろ。  
 
384 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:17:23.72 ID:la+sPFj+0.net 
  曼荼羅はむしろヒンズー教だわ。  
 
397 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 09:24:14.83 ID:sUDxgwO90.net 
  >>384  
  そ、それくらい知ってるわよ!  
  分かりやすく言ってあげただけなんだからねっ!  
   
   
  つーかもし「神」とやらが発見されたとして、  
  それが白衣を着て眼鏡を掛けた科学者だったら大笑いだ。  
  「シャーレの中の微生物に文明を持たせる事に成功した」なんて新聞で取り上げられてたりしてな。  
 
401 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:25:21.36 ID:la+sPFj+0.net 
  >>397  
  個人的にはJK姿が良い  
 
391 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 09:21:56.05 ID:i+y96pn20.net 
  >科学者の9割が「神を信じている」  
   
  「9割の科学者が信ずる」その神は、とりあえず人格神ではないわけです。  
     
     
     
 
421 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 10:16:23.37 ID:8+QzpgTK0.net 
  夫が素粒子やってるけど、全く神様信じてないよ。  
  夫によると素粒子って、そんなに秩序立って綺麗でなく、行き当たりばったり的なので  
  「大いなる存在」が計画したとはとても思えないそうな。  
 
434 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 10:55:40.80 ID:kbFqOT6p0.net 
  科学に神を持ち込まなければいいのであって、  
  私生活で神を信じてても何も問題ないよ。  
   
  科学者が全てにおいて論理的だとするのは、大きな間違い。  
  そういう人は精神のバランスが狂って、精神病になったりします。  
  全てを論理的に構成して、論理的に常に正しく振る舞うというのは、人間には不可能なのだ。これは本当です。  
 
478 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:59:51.87 ID:KQVPOVhI0.net 
  >>434  
  そう  
  現代のほぼ全ての科学者に支持されている「反証主義」を提唱したカール・ポパーが  
  その主著でこう述べている  
   
  >私の見解は次のようにいいあらわせよう。すなわち,すべての発見は  
  >「非合理的要素」あるいはベルグソン的意味での「創造的直観」を含んでいる,と。  
  >同じようにアインシュタインも「純粋な演繹によって世界の画像を獲得しうるような  
  >高度に普遍的な法則の探求」について語っている。  
  >「このような法則へと導いていく論理的通路というものはない。それらの法則には,  
  >経験の対象への知的愛情といったようなものにもとづく直観によって到達しうるだけである」。  
  (恒星社厚生閣刊 カール・ライムント・ポパー著『科学的発見の論理 上』 P36)  
   
  数学でさえ非ユークリッド幾何学の発見やゲーデルの不完全性定理などによって  
  深刻な破綻を内包していることが判っているのに  
  ソシュールをはじめとするほぼ全ての言語学者が同意しているように  
  単に恣意的なものでしかない人間の言語によって展開される  
  「論理」に拘泥していては科学など到底不可能  
  ポパーも指摘しているように非合理的な直観的飛躍が必要になる  
  だから科学者が合理的でありかつ不合理であることを疑問視すること自体が的外れ  
 
481 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:03:19.75 ID:CaCEgT9G0.net 
  >>478  
  非ユークリッド幾何学やゲーデルの不完全性定理は、  
  数学の破綻でもなんでもないだろ。  
 
482 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:05:09.33 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>481  
  どんな状況でも別の宇宙でも常に成立する唯一の学問である数学に失礼だぞ  
 
491 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:10:52.69 ID:EZiildT20.net 
  >>482  
  人類が滅んで数学の書物が消えたら、宇宙から数学はなくなるの?  
  数学を記述する人がいなくなるだけで数学は存在し続けるの?  
  それとも何か別に数学を記述し続ける存在が宇宙のそこかしこにあるの?  
  それとも宇宙の存在こそが数学なの?  
  数学を記述する側と記述される側の関係と存在はなにがどうでどうなってなんなの?  
 
497 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:14:20.87 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>491  
  すべて間違い  
   
  数学という学問はまったく自然科学に依ってないので  
  その論理は常に成立するというだけ  
 
435 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 10:55:43.74 ID:bNsRp02M0.net 
  神は存在しないと主張する人に聞きたいんだけど、今目の前にある様々な物質  
  もっと言えばこの地球、太陽、銀河系、宇宙、空間、時間  
  これらはどこから来たの  
  元を辿ればそれらが発生した出発点があると思うんだけど違うの?  
  何もない所から物質が発生するなんてあり得ないよね?  
  神以外でこれらの物質を生じさせることが可能な何かって何ですか?  
 
440 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:04:46.21 ID:kbFqOT6p0.net 
  >>435 科学はそれらを、「神なし」で説明しようとしてるんだよ。  
  それで宇宙の全てが解明されてるわけではないので、科学的「仮説」というものを積み重ねながら前進している。  
   
  その最後の解が「神」であっても、それが真実だと科学的に分かれば、それで問題ない。  
  しかし先にその最終解答を「神」だと断定してしまうのは、早計過ぎて科学者は納得しないのだ。  
   
  究極の「正解」というのを、「神」と名付けて、そこで「思考停止」してたら  
  科学者のする事はなくなってしまうからね。  
 
512 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:19:56.49 ID:KQVPOVhI0.net 
  >>440  
  >科学はそれらを、「神なし」で説明しようとしてるんだよ。  
  それは約束主義だ  
  現代の科学者たちからはほとんど支持を得られない前時代的な立場  
   
  >私は約束主義を,まったく受容れがたいものと判定する。  
  >約束主義がふまえている科学の観念,目的は,私のそれとはまったく異なる。  
  >私が科学にたいして究極的確実性といったことをなんら要求しない  
  >(したがってそれを追求しない)のに反し,  
  >約束主義者たちは,ディングラーの言葉でいうと,  
  >「究極的に根拠づけられた認識の体系」たることを科学に求める。  
  (恒星社厚生閣刊 カール・ライムント・ポパー著『科学的発見の論理 上』 P97)  
   
  >「神なし」で説明しようとしてる  
  というのはある特定の(無神論の)教義に基づいて  
  客観的でなければならない科学に主観的な方向付けをすることだ  
  老ホーキングやドーキンスのような悪ノリがすぎる一部の不良しか認めない  
  非主流的な科学観だよ  
 
444 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:11:01.80 ID:ygLRYUny0.net 
  >>435  
  これは逆に聞きたい  
  神はある日突然、無からポンと生まれたの?w  
 
461 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 11:37:08.65 ID:ZLWSbCiS0.net 
  >>444  
  おれもききたいわ  
  神は最初からそこにいた存在で、何かから生まれたとか考えるのは意味がないとか言い出しそうだけど  
   
  まあ神の有用性を考えるとすれば  
  自分の力じゃどうにもできないことに直面したときに、人智をこえた何かのせいやおかげにしないとパニックを起こすタイプの人にとっての精神安定剤にはなってると思う  
 
486 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:06:39.13 ID:KCR5RNaG0.net 
  >>444  
  神が何かから生まれる存在ではないよ。神は永遠で始めも終わりもない存在だから  
  始めがあればまたその始まりの原因があり、第一原因ではなくなり神ではないしな  
  この世の物は全て原因と結果がありその原因と結果の連鎖を辿れば最終的には第一の原因である神に行き着く  
 
540 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:36:58.94 ID:ygLRYUny0.net 
  >>486  
  >この世の物は全て原因と結果があり  
   
  この因果は神には当てはまらないんだな  
  因果の法則を作ったのは神であり因果の外ってところか  
  まあどうとでも言えますわな。愚かな質問だった  
  神の設定はいくらでも作り出せる  
 
451 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:27:45.93 ID:jDX638rf0.net 
  要するに先進国とか科学者の間で科学に権威があって宗教に権威がないのが気にくわないんだろうな  
 
462 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 11:37:47.52 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>451  
  私は 父が物理学者で、夫も物理学者なんだけどw  
  父が存命の頃、心霊番組みてたら割とマジに怒っていた。  
  何でかというとその頃の心霊番組の常套句は「科学では解明できない世界」だったから。  
  父はこの言葉に対して、「こんなこと言うから日本人は思考停止するんや、科学の心が育たんのや」  
  と。そのくせ胡散臭い商品を売り出すときには「科学的に証明された!」  
  って言うんだよね。  
 
467 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:46:18.99 ID:EZiildT20.net 
  自然法則が矛盾を生み出さない完全なものであるのであれば、  
  自然法則によって生み出され進行していくこの世界にも  
  憂う事なんて何一つない。  
  それはそうあるべくしてそうなっていて、それ以外にはありえないのだから。  
  だから>>462の父親や旦那が  
  「こんなこと言うから日本人は思考停止するんや、科学の心が育たんのや」  
  と嘆くことがそもそもおかしい。それは科学が求める自然の法則によってそうなるべくしてなっているのだから。  
 
475 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:54:23.84 ID:j/Hx/aRP0.net 
  >>467 >自然法則によって生み出され進行していくこの世界にも  
  >憂う事なんて何一つない。  
  >それはそうあるべくしてそうなっていて、それ以外にはありえないのだから。  
   
  「決定論」的な話ですか?  
  それちょっと違うかもしれないなんて言われてきてますね。  
  「カオス理論」が、そういう「決定論」に異を唱えてます。  
   
  必要とされるデータの現在数値を使って、論理的に完全予測したつもりでも、  
  必ず結果がその通りになるかというと、そんな事はないのだそうです。  
  未来は「決定不能」に満ちているという事らしいですね。  
 
477 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 11:59:06.66 ID:EZiildT20.net 
  >>475  
  科学的な思考を選択しない方が科学的な思考をするより「思考停止するんや」というのは  
  「決定」しているの?  
 
483 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:05:19.55 ID:bkHSZ3wO0.net 
  >>462  
  素粒子とかって観測者の意識に反応するんでしょ  
  観測者によって観測結果が変わるなら、科学は成り立たない  
  科学の限界じゃん  
  科学は、この世でしか成り立たないよ  
 
502 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:17:40.38 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>483  
  意識なんぞに反応しない  
  観測可能か不可能かで反応する  
  実際に観測しているかどうかは関係ない  
 
516 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:22:08.87 ID:bkHSZ3wO0.net 
  >>502  
  >観測可能か不可能かで反応する  
   
  どう言う事?  
 
522 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:25:03.83 ID:ELYqyN370.net 
  >>516  
  これを見たら分かった気になれるんじゃないかな?  
   
 
533 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:29:50.36 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>516  
  実際に観測したかどうかにかかわらず  
  観測可能な状況であったというだけで観測したのと同じ状態になるってこと  
   
  ふたを開けるまで生きているか死んでるかわからない猫が詰まった箱があるとする  
  それは上手く箱ごと観測すれば生と死が干渉した波形が得られるけど  
  もしふたの閉め方が甘く鳴き声や足音が聞けるようなら  
  実際に観測者が聞いたか聞いていないかにかかわらず生か死かどちらかに固定される  
 
480 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:02:28.93 ID:8+QzpgTK0.net 
  科学者でない人に限って小難しいこと言うです。  
  素粒子ってのは梅干しみたいなもの。そして加速器は梅干しと梅干しを高速で  
  ぶつけて割って、中を調べるのが素粒子物理だって言ってた。  
  割るとまた何か違うものが出てくる。そしてそれをさらにぶつけるために  
  もっと大掛かりな加速器が必要になってくるんだと。  
  知的好奇心とは子供のころに梅干しの種の中に何が入っているんんだろうと思う気持ちと  
  素粒子は何かと追い求めていく気持ちと何らかわらないとw  
 
485 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:06:16.26 ID:EZXDRvf/0.net 
  アンカ間違ったあ  
  >>482は>>480あてだ  
  ごめん>>481  
 
488 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:07:10.26 ID:EZXDRvf/0.net 
  違う>>480あてじゃなくて>>478宛  
  なんだかもうめちゃくちゃだw  
 
494 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:11:31.72 ID:9yFEmczu0.net 
  神がー神がー  
  こう熱心に言ってる奴が  
  何かを成した事もなければ  
  宇宙の真理に近づいたことすらない  
  むしろキリスト教は科学の発展を阻害してきた  
  そりゃあそうだ  
  非科学的な奴の妄想が真理とか、無理に決まってる  
  宗教裁判でもして黙らせるしかないわな  
 
496 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:13:46.39 ID:CaCEgT9G0.net 
  >>494  
  キリスト教自体は科学を後押ししてるよ。  
  それはスコラ学なんかを見れば分かる。  
   
  universeについて考えなかった非キリスト教地域から科学が出ないのは尤もなこと。  
 
501 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:16:41.77 ID:9yFEmczu0.net 
  >>496  
  キリスト中世暗黒時代も知らんアホか  
  ガリレオを宗教裁判にかけてなかったか  
  思考停止したカルト馬鹿  
 
514 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:20:26.17 ID:CaCEgT9G0.net 
  >>501  
  ひとつ聞くが、重力を発見できてない時代に、地動説をどう合理的に擁護するのだ?  
  教会は合理的に思考して、地球の運動が生じた場合に遠心力が発生するから、  
  人間は地球上に住めないと考えた。  
  ガリレオはこれを説明できなかった。  
 
543 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:38:11.83 ID:9yFEmczu0.net 
  >>514  
  そんな内容まで知らんわ  
  宗教裁判自体が狂ってんだよ  
  今のイスラムとそっくりじゃないか  
 
495 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:12:16.59 ID:eQbyToLg0.net 
  神的な存在を信じない奴でも、どうやって生命体が発生したのか?とか  
  重力や磁力がなぜ発生し、どこからそのエネルギーが出ているのか?  
  という根源的な理由を説明できない。  
   
  神的な存在がそうデザインしたという理由が最も説得力がある。  
 
521 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:24:57.38 ID:ZLWSbCiS0.net 
  >>495  
  それは現在説明できないものを「万能な何か」で無理矢理納得させてるだけで、説得力もくそもない  
  何らかの疑問に対して「そりゃ神様のしわざだ」と言って納得してしまったら  
  「そうか神様のしわざか、そりゃ理解できねえはずだ、しかたねえ」と、他のレスにもあるように思考が停止する  
 
537 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:32:19.40 ID:EZiildT20.net 
  >>521  
  神様の仕業だからこそ、神様の本当の声を自分の力で正しく聞きたい、という形だってあるんでないの?  
  むしろその方が思考を前に進める原動力として強力なエネルギーになりえる気もするんだけど  
   
  君のその考え方こそステロタイプの思考停止かもよ  
 
542 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:37:43.67 ID:EZXDRvf/0.net 
  >>537  
  >>521は自身の考えを言っているのに対して  
  >>537は科学者の考えをお前が勝手に代弁してるんだよな  
  それお前の妄想だから  
 
546 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:40:35.51 ID:EZiildT20.net 
  >>542  
  少なくとも「神を信じることが思考停止につながる」ということを証明するものはないよな  
  そうあって欲しいというのがむしろ妄想  
 
575 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:01:36.26 ID:9yFEmczu0.net 
  >>546  
  アホか  
  信じる時点で思考停止してんだよ  
  信じてんじゃないよ、疑って思考してみろよ  
  宗教的迷信から現代科学へ進めた、その入り口は  
  全てを疑う精神  
  今でも科学理論は、疑われ思考され議論され、実証を求める  
  誰でも何時でも、その科学理論を疑える  
  宗教はどうだ  
  疑って本当に正しいか、議論されているのか  
 
588 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:07:53.07 ID:EZiildT20.net 
  >>575  
  その科学的思考の様式が神よりすぐれているということ自体を1週間のうち3日ぐらいは疑ってみなよ。  
  そしてさらに3日ぐらい、神が存在するとして思考してみなよ。  
  思考停止させないでやってみな。  
 
591 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:09:58.11 ID:YP8SWNsA0.net 
  >>588  
  お前のような科学の基本ルールを無視して感情で処理する馬鹿が  
  暗黒の中世を生み出したわけで  
 
596 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:13:47.91 ID:EZiildT20.net 
  >>591  
  現代のブラック社会は暗黒ではないと?  
 
544 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:38:57.01 ID:+QWL7r+D0.net 
  >>537 それはいわゆる精神的な原動力であったり、精神的営為という事で、  
  どんな人にも一般的に存在しておかしくない特質である。  
  心情的に神を信じてても特に問題はないわけだよ。  
   
  理性を優先させ仮説を積み上げていく科学研究においては、神を持ち出さない。  
  科学論文の中に神という項目での論理を入れず、そのように表にさえ出さなければ、  
  その研究を続けた精神を支えてたのが、神への信仰心であったとしても、何も問題はない。  
 
551 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:46:09.86 ID:EZiildT20.net 
  >>544  
  そうそう。  
  だから「神を信じれば信じるほど、素晴らしい科学的業績に辿り着ける。そしてそのことでさらに神を信じるようになる。」  
  という循環も当然考えられるんだよな。  
  「科学者として業績を残したければ、強く神を信じることができる資質が必要である」という考え方が  
  一般論として認知される矛盾のない世界も構造としてあり得る。  
 
555 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:50:03.02 ID:+QWL7r+D0.net 
  >>551 でもそれは、それですぐに「神の存在」の証明とはなりませんね。  
  単に考え方として、その「神への信仰というような思考方式が有利に働く場合がある」といった現象への説明とはなるでしょうけど。  
 
568 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:57:21.34 ID:EZiildT20.net 
  >>555  
  でも、「神だ神だ」と言ってる人たちが神の存在証明をしたがってるとは限らないでしょ?  
  神というイメージが人間に与えるエネルギーが強力すぎて、悪用する人間が多いから嫌悪感を示す人が多いだけで  
  なら神が人間の社会に満ち溢れているのも当然だし、神抜きに思考するのはエネルギー効率が悪いのでは?  
 
590 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:09:51.70 ID:5PZedJpg0.net 
  >>568>>569  
   
  神への信仰心  →  精神性や心情面を担当  
  理性優先の知的活動  →  客観的考察の科学探求を担当  
   
   
  人格の全てが、完全に矛盾なく論理的構築できてるという人間は皆無なので、  
  それで全く問題ない。  
  人格そのものを無矛盾にしてからしか科学者になれないのなら、千万人に1人も適格者はいないだろう。  
  そしてもしその無矛盾を達成できた人物がいるとしたら、もう「発狂」してしまってるだろうね。  
 
624 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:30:58.54 ID:ygLRYUny0.net 
  >>590  
  なぜ、そのように完全に切り離せるのか疑問なんですよね  
  言い換えると、なぜ信仰に留めておけるのか  
  俺は神の存在を信じていないので、神を単なるモチベーションアップのツールだと  
  割りきる考えをすんなり受け入れることができる。まあいないだろうと思っているから  
  これが仮に神の存在を信じているならば、証明したくてたまらないだろうと思うが  
  信じるということは、何らかの確証を得ているわけだろう?  
 
630 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:36:23.63 ID:EZiildT20.net 
  >>624  
  >何らかの確証を得ているわけだろう?  
   
  それは内省と直観だろ?新しい、何も頼るものがまだない世界に踏み出す時に個々人がもつ唯一のツールだよ  
 
643 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:43:18.25 ID:ygLRYUny0.net 
  >>630  
  ごめん確証じゃなくて確信だな  
  直感的でも確信するに至るきっかけはあるわけだろ?  
  何らかのヒントを得たのに、それをそのまま放置して  
  別の仕事に取りかかる神の存在を信じてやまない科学者の存在が俺はどうも信じられないw  
  まあどうでもいい話ですがね  
 
641 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:43:16.01 ID:5PZedJpg0.net 
  >>624 >これが仮に神の存在を信じているならば、証明したくてたまらないだろう  
   
  科学として通用する「仮説」にまで持っていけるという要素が揃わないからだろう。  
  だからそれらが揃えば、「神の実在」研究というのを「科学的」に行なうという者も出て来るだろう。  
  すくなくとも21世紀現在では、科学的研究テーマを「神の実在証明」とした場合は、  
  大学機関や研究費が降りてこないはずなので、不可能となってるという極めて現実的な壁がある。  
   
  ちなみにちょっと面白いと思うのは、旧約聖書の記述を基に「進化論否定」をやってる信者が多いが、  
  旧約聖書のみを聖典とし、そして敬虔なユダヤ教徒でありながら、優秀な生物学者は多数存在する。  
  ダーウィンの進化論についても当然認めてるはずだ。そこらはどう上手に脳内で区分け出来てるのかな?って。  
 
569 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:58:06.89 ID:ygLRYUny0.net 
  >>551  
  神の存在を信じてやまない科学者なら神の証明に一生を費やすと思うんだがなあ  
  神はあくまでモチベーションを上げるためのツールだと割りきれるものなのか  
  割りきれるなら、それは神を信じていると言えるのか甚だ疑問ですなあ  
 
576 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:01:47.29 ID:HUWyejmS0.net 
  >>569  
  神の存在証明なら昔から出てるし、かなり緻密に考えられてるからムダなんじゃないか。  
  デカルトもライプニッツもやってるし。  
   
  ちなみに神の存在証明って「宇宙が科学的であることの証明」に近いから、  
  近代科学の夜明けなんだよね。  
 
582 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:03:31.68 ID:FJerpCJl0.net 
  >>569  
  神(の摂理)の証明に一生を費やしているのが科学者だ  
 
554 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:48:55.92 ID:ZLWSbCiS0.net 
  >>537  
  そういうモチベーションの人がいても否定しないよ  
  ただ、なんでそこに神様を持ってくるの?神の仕業を正しく聞きたいじゃなく、現象を正しく認識したいじゃダメなん? と思うだけ  
 
508 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:19:22.12 ID:cO6UcQZOO.net 
  七日間で急造されたから問題が絶えないんだろうなこの世界は  
  オ・ラ・イ・ナ・エ♪  
 
519 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:22:57.44 ID:fUpdU31a0.net 
  西洋ってのはほんとに神を作りたがるよな  
  脳みその作りの違いかな  
   
   
  東洋は、「空」という世界観のみが存在し、本来、仏教の世界においても  
  神など存在しない。シャカは一言も「神の存在」を認めてはいない。  
  あれは後の弟子たちが勝手に神を作ったに過ぎない  
 
527 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:27:32.53 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>519  
  脳みその作りというより、  
  住んでいた国土が敵と陸続きだったりして  
  常に戦う必要があったからじゃないかな。  
  そう言う土地柄では民の団結のために神様は1つ出なければならず、  
  その神の元に心を合わせて信念をもって敵を打ち破る必要があった。  
  敵だけでなく、自然に対しても。  
   
  かたや日本とか東南アジアなんかどれーっとしてても食うには困らんしw  
  異国の敵なんかこないからあんまり緊張せんでいいし、  
  そう言うとこだと自然みーーーーーーーんな神様♪  
  みたいな極めて平和的でちょいといい加減な神様になるんでないかい  
 
532 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:29:43.77 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>519  
  八百万の「神」というのはしょせん  
  日本に来た数ある民族のご先祖の象徴に過ぎないんですよ  
  アマテラスもタカミムスビもオモイカネも。  
   
  ただし、それらは全て唯一神GODの子孫なので  
  キリスト教やらの「神=GOD」の定義と矛盾しないのです。  
   
  ・アマテラスは ヤペテ+ハム  
  ・タカミムスビは ハム+セム  
  ・オモイカネは ヤペテ+セム  
  の系統からGODのDNAを受け継いでいる。  
 
523 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:25:14.60 ID:fUpdU31a0.net 
  だいたいアダムやイブ、エデンの園など、  
  キリスト教の世界観がウソでたらめのおとぎ話くらい幼稚園児でもわかるわ  
  それを大の大人が信じる。アホか。  
  人間は考えすぎて頭がショートしそうになると、思考が2歳児に戻るってことか  
 
545 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:39:59.56 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>523  
  ちなみに、なんでエデン=パミールかというと  
   
  神のDNAが入ったY-DNAハプログループは  
  Gーアブラム、Qーセム、DEーハム、Nーヤペテ なんだけど  
  不思議なことに、パミール高原付近でこの4つの型が見つかるらしいねんな  
 
529 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:27:46.77 ID:7lBX+LK40.net 
  >>1  
  >しかし、自ら体験したことで懐疑論者から有神論者に転じました。  
  オウムに行った連中と同じ。  
  自分の判断力に自信を持っているから騙され易い。  
 
549 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:43:24.69 ID:ZLWSbCiS0.net 
  >>529  
  自分の判断を絶対と信じてるというのはある意味神を信じてるみたいなもんだよね  
  信奉する対象が自分の判断から神に変わっただけで、態度は同じだと思う  
  まともな科学者は「現時点で最も適切な説明」を選択しているだけで  
  常に「いつか否定される可能性」を念頭に置いて、時には自らそれを行なったりもする  
 
557 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:50:33.49 ID:EZiildT20.net 
  >>549  
  そうそう。  
  だからこそ「現在の自分や自分の考えがちっぽけなもの」としてより思考を前進させるためのツールとして、  
  自分よりはるかに大きな存在=神のイメージ利用することはものすごく理にかなってるんだよな。  
 
562 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 12:53:12.31 ID:PY1Tv9FA0.net 
  著名なほど周りにすぐには理解されないことやってたわけだし  
  何らかの信条がないとそんなことやってらんなくね  
 
570 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 12:58:15.71 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>562  
  そうは思わない。  
  周りに理解されないことをしている人は  
  それをやっているとむっちゃくちゃ楽しいの。  
  神様なんて意味不明なもんに頼る必要なんか全く感じないほど没頭できるの。  
  他人がどう思うかなんてことが頭によぎらないほどに。  
 
577 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:02:04.83 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>570 やってから言えな???  
   
  それからついでに生物学的に神を理解してちょ  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
 
589 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:08:35.66 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>577  
  やってから言えって言うけど  
  本当に心から打ち込めるものに没頭してるときって  
  他の何もいらないよ。ものすごく幸せな状態だよ。  
  研究に打ち込んでるひとならまわりにいくらでもいるけど  
  「おお神よ」なんて言う人いませんw  
  「科研費当ててくれー」って喚く人ならいくらでもいるけどwww  
 
592 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:10:02.76 ID:HUWyejmS0.net 
  >>589  
  べつに科研費がどうこういうレベルなら要らないんじゃないか。  
  問題は社会から問題視されるようなレベルの思考ができるのか、って話だし。  
  歴史的に科学革命をしてるひとは、なにかしらの信仰にすがってるね。  
 
598 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:16:08.33 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>592  
  コツコツ小さな研究をすることによって  
  やがて大きな成果を生み出すために科研費は必要不可欠ですよw  
  そして小さな研究は科学革命かなんかしらんけど  
  あなたの思う大掛かりな研究と相反するものではないよ  
 
593 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:10:45.28 ID:FiOwO5HV0.net 
  どんな宗教も、元は唯一の生物「GOD」を語り継ぐための仕組み。  
  でも今は政治利用されるだけのものに成り果ててるのだから  
   
  もう神を説明するのは生物学に任せて  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
   
  宗教はもう過去の遺物として葬ればいいよ  
 
600 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:17:17.77 ID:8+QzpgTK0.net 
  CERNで神様の話なんかしても鼻で笑われると思う。  
 
603 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:19:25.79 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>600  
  うん、神様の話は生物学の領域だもん。  
 
613 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:22:53.94 ID:5PZedJpg0.net 
  >>603   
  神を「生身」と考えてるわけ?  
   
  それはちょっと違うんじゃないの?神を信じる派でも、神を「生身」とは考えてないのでは?  
   
      
 
615 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:24:06.65 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>613  
  そうね。だからむしろ  
  「神は生きていた」という真実は、宗教側にとって不都合だろうね  
 
621 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:27:24.66 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>615  
  あっ「生きていた」って今も生存してるみたいじゃん  
  「神はかつて生きていた」ね  
 
626 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:32:13.71 ID:ZLWSbCiS0.net 
  >>621  
  じゃあ神の化石でも出てきてんのか  
  神の遺伝子は途絶えたのか  
  途絶えてないなら神の子孫は今どこで何をしてんのか  
 
633 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:37:16.51 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>626  
  だからさ、神は繁殖力弱くてオス一人になってしまったので  
  ヒトとの間の子を作ってDNAを残したの  
  https://youtu.be/TLY4yJFlBDk  
   
  それがアブラム、セム、ハム、ヤペテ。  
  でその子孫が全世界に広がった。  
  今生きている人類には、まあ全員少しは神の遺伝子が入ってるよ  
   
  パプワニューギニアの原住民みたいなのでさえね  
  あれはデビル(ホモ・エレクトス)の血も多いから人喰い人種なだけで  
 
670 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:08:01.24 ID:ZLWSbCiS0.net 
  >>633  
  なんで神ともあろうものが繁殖力が弱いという生物として致命的な欠陥を持っているかはおいといて  
  オス一人になるまではたくさんいたんだろ?  
  化石なり墓なり死体なりは現存しないの?  
 
683 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:23:30.30 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>670  
  ・すごい寿命長かった  
  ・かしこくて共食いとかしない  
  ので、じゃんじゃか増える必要がなかった  
  また、オスは精○が少ない代わりに、メスが多産体質だった。  
   
  デビル・デーモンに狙われて女性をさらわれたらアウト  
 
645 名前:名無しさん@1周年[s] 投稿日:2016/10/22(土) 13:46:54.79 ID:OJHPRkBR0.net 
  >>600  
  >>112でCERNの敷地に神様を祀ってあるとか言ってるけど、本当なの? 科学者が本当にこんなの信仰してるんだろか  
 
651 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:50:35.50 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>645  
  敷地内のビルの1つの前にインドのシヴァ神の踊ってる像があるよ。  
  でもそれは祀ってるんじゃなくてインテリアというか、インターナショナルさを  
  出しているというかwそんな目的。おまけに夜その像がスポットライトに照らされて  
  後ろのビルに大きく踊ってる姿が影絵で映し出されて綺麗なんだ。  
 
655 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:53:09.04 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>651  
  シヴァ神とかアシュラとか、アマテラスやスサノオにしても  
  そのへんは神のDNAが濃くてほぼ神だったご先祖をキャラクター化してんのよね  
 
658 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:55:18.80 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>655  
  神のDNAってハプログループはなんなんすかw  
  私のmtDNAはb4だすw  
 
675 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:12:45.47 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>658  
  1.神のハプログループ母系(mtDNA)  
  現在はもう残っていない(はず)  
  かつてはデーモン(ネアンデルタール人)が神族のmtDNAを持っていた。  
  たぶん神から人さらいして子どもを産ませたんでしょう  
   
  2.神のハプログループ父系(Y-DNA)  
  これは世に認められる道のりは果てしなく遠いねんけど、  
  神の父系ハプログループはDE=ハム系  
  つまりアフリカやアジア特に日本・チベットで優勢な型。  
  だからといって  
  DE=ハム系民族が特にエライとか神の資質を多く受け継いでるわけではない  
  が、  
  ただ単に事実として、Y-DNA DEは神の父系ハプログループ  
 
679 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:17:17.20 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>675  
  ソースは?  
 
680 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:20:50.04 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>679  
  ソース?既知の論文とかそういうの?  
  新しい発見にはソースなどないよ。  
   
  論拠はときかれると説明めんどいな  
  だいたいあなた物理の人でしょう?  
  基礎知識がある生物・考古の知識がある人相手でもむずかしいのに  
 
684 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:23:52.66 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>680  
  神のDNAについての論文のリンク貼ってください。  
 
689 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:27:42.52 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>684 あなた研究畑の人じゃなかったの?w  
 
691 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:30:10.29 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>684  
  神のDNAについての論文なんかないよ  
  あなたはとりあえずハプログループの分布の知識をつけて来てね  
  そしたらなぜY-DEが「神」のハプログループか説明できるから  
 
693 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:32:18.22 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>691  
  賢い人は説明も上手なのよ。  
  ここで皆にわかるように「神のハプログループ」とやらについて  
  説明してみて?そうでなきゃリンクをはってくださいな。  
  英文のものでも一向にかまいません。  
 
694 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:33:48.52 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>693  
  もちろん見たんだよね??  
   
 
657 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:55:03.91 ID:OJHPRkBR0.net 
  >>651  
  そうなんだ。でもこんなのがある事は本当だったんだ。、  
 
662 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:58:00.89 ID:8+QzpgTK0.net 
  >>657  
  あるけど宗教的な意味皆無だよ。花なんか備えられてないし。  
  ちなみにキリスト教像はマリア像含めて一切ありません。  
  そして、そこら中にある黒板には必ず数式がいっぱいチョークでかいてあります。  
  その前で舌出して写真たくさん撮りましたw  
 
617 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:24:57.15 ID:/v7Qq5wf0.net 
  万物は創造主が作った  
  創造主は完璧なのでこの世には完璧には法則みたいなものがあるはずだ  
  神に近づきたいのでその法則を見つけよう  
   
  科学は強烈な信仰から始まっている  
 
619 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:26:15.59 ID:9yFEmczu0.net 
  >>617  
  これが現実  
  全米科学アカデミーの93%が無神論者、不可知論者  
 
623 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:29:21.73 ID:EZiildT20.net 
  >>619  
  アカデミーは科学者じゃなく論文を書くことを生業とするライターで構成されてるからな  
 
632 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:36:53.04 ID:9yFEmczu0.net 
  >>623  
  中世のままの脳みそじゃヤバいから  
  疑って思考できるように、ならないとな  
  突き放して客観視して語れるようにならないと  
  学問の分野においては  
  あんたは、おそらく一歩も歩めていない  
  だから発展途上国では、今でも迷信によって思考停止し  
  発展せず、何も生み出せない  
 
634 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:39:01.82 ID:EZiildT20.net 
  >>632  
  そして日本は少子化で高齢化が進み、破綻しようとしている  
 
636 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:40:05.03 ID:9yFEmczu0.net 
  >>634  
  あんたは何教なんだ?  
 
639 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:41:20.89 ID:EZiildT20.net 
  >>636  
  うーんと、実家は真言宗  
 
649 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:49:07.31 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>639  
  おや真言宗の御仁  
  それはアラハバキまたはアマテラスの子孫、  
  すなわちアベルの子孫でらっしゃる可能性大ですね  
   
  やせの大食いだったりしません?  
  動物好きで視力はあまりよくない。どうですかね?  
 
656 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 13:54:26.24 ID:EZiildT20.net 
  >>649  
  おお、当たってる!  
  いくらお布施をすればもっとお話を伺えますか?  
 
625 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 13:31:51.85 ID:8+QzpgTK0.net 
  貧しくて、頭の悪い人には神様はうってつけの存在だよ。  
  「おお神さま、私をお護りください」って教会で祈りさえすれば  
  堂々と現状を維持できる。  
  そう言う人々にとって1番嫌なのは  
  自分で考えて現状を変えること。それが1番しんどい。  
  それが嫌な人には信仰はもっとも高級な言い訳になる。思考停止のための。  
  怠惰でいつづけるための。  
 
692 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/10/22(土) 14:31:37.96 ID:QRMTndfO0.net 
  彼らは賢いから、信じておけば協力者が増え敵が減る事を知っている。  
 
696 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:35:43.10 ID:8/CklJBl0.net 
  逆に考えるんだ  
  ある宗教団体の団員じゃないと有名な科学者になれないとしたら?  
  オウムは目的を達するために科学を使ったが、それの大掛かりなものだとしたら?  
  科学者と探究者は別で、真の探究者は表に出てこれないとしたら?  
  そいつらが信じてる神と俺らがイメージしてる神が別物だとしたら?  
 
699 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:37:32.57 ID:FiOwO5HV0.net 
  >>696  
  >ある宗教団体の団員じゃないと有名な科学者になれない  
   
  ああ、韓国のライバル研究者をチョンマスゴミにつぶさせ  
  弟子の発見をかっぱらってノーベル賞をもぎ取った山中さんとか??  
 
700 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2016/10/22(土) 14:37:41.15 ID:K+rGYvlo0.net 
  神の存在を知りたかったら、科学を突き詰めるか、瞑想するかしかないだろう  
  もしかすると超天才科学者は瞑想的な脳の使い方をしてるのかもしれん  
 



コメントする

名前: